バルセロナホームステイ 3


今日は、バルセロナから少し離れた、Figueresにある、ダリ美術館をご紹介♪

フランスから車で10分くらいのところにある美術館なので、

後ろに並んでいたおじさんは、フランス人でした(*≧∀≦)

大きな美術館で、手前の卵ののったレンガ色の建物から、

奥のガラスのドームののっているところまで、すべてがそうなんです!

中に入ると、

不思議な作品がお出迎え!

そして、階段を上がると、口の中を通って中へ!

最初は、普通に絵が展示されてる感じです。

がしかし、どんどん立体的に!

さらに、空間を大胆に使っての展示になってきます。

上から見ても、

下から見ても、

どこを見ても、楽しめるんです。

これは、下でみるとこんな感じ。

上から見ると、顔になるという、立体的な構成を平面で見せる、
面白い視覚マジックです(*゚艸゚*)

高さ10メートルくらいある大きな作品!

あとでモザイクしたんじゃないですよ!

こういう絵なんです!

リンカーンってわかるところが面白い(*>∀<)

上を見ると、最初の写真のガラスのドーム!

私が初めてダリを知ったのは、この「記憶の固執」でした。

中学校の美術の教科書に載っていて、面白いなぁって思ってました。

ダリも、ピカソもスペインの人なんですが、

ピカソはよくわからなくて、ダリが好きでした。

キュビズムのことを教えてもらってからは、ピカソも面白いと思えるようになりましたけど^^;

この部屋は、この美術館の中でも、別格的な部屋でした。

作品も、ガラスケースに入っているし、部屋の床も、壁も天井も、黒なんです。

そして、十字架!

実は、この部屋の奥に、もう一つ部屋があって、

そこは、ダリのお墓でした。

さすがに、奥の部屋は写真を撮る気になれず、手を合わせて終了しました(;^ω^)

これは、中庭!

内部と外部の感覚がわからなくなるような、建物構成でした!

広くて、順路もよくわからないので、

一緒に行った人は、みんな、迷子状態でした!

作品も、いろいろな種類のものがありました。

全てを写真に収めているわけではないので、お見せできませんが、

うまく説明できませんが、

ダリは、立体と平面の共有というか、

視覚と錯覚の挑戦というか、

固定概念からの脱却にチャレンジしていたのかなぁ。。。

という印象を受けました。

とても面白い美術館で、もっとゆっくり見たかったです。

また行きたいな♪