リビング・ダイニング・キッチンに欲しいのは、こんな収納!


新築の現場≪三室戸の家≫

収納スペースはたくさんあるのに、散らかりそう。。。

今日は、朝から新築の現場≪三室戸の家≫に。

内装が少しずつ仕上がってきています。

 

このお施主さんは、プランをご自信で計画され、

そのプランをもとに設計をさせていただいています。

収納スペースは、たっぷりとあるのですが、 収納のプロの目線で拝見すると、

収納の位置が、使いづらい。。。

 

たっぷり容量の壁面収納

IMG_4933

ここは、玄関を入ってすぐ正面。 階段のある左に向かえばリビングに。

まっすぐに行くと、プライベートの廊下を通ってキッチンに抜けれます。

そう、回廊性があるんです。

これはいいですよね♪

 

そのプライベートの廊下に壁一面の収納スペースがあります。

IMG_4934

この収納、最初、奥行きが押入れサイズとなっていました。

押入れほどの奥行きがあると、 奥にある「モノ」は

死蔵品となる可能性が高くなってくるので、

クローゼットの奥行き程度に変更させていただきました。

この奥行きでも、掃除機だって十分収納できますからね。

 

メタルラックをたくさんお持ちとのことなので、 中に棚などは設けていません。

メタルラックでの仕切りとなります。

そして、この廊下を通り抜けて、キッチンに出て、 さらにを通り抜けて、

奥の扉の向こうにキッチン用納戸があります。

IMG_4935

IMG_4710

IMG_4711

これだけ、収納があれば、スゴ━━━(*゜∀゜*)━━━イ収納量です。

(まだ、キッチン等の設備は入ってきていないので、

積んであるボードのところが、 キッチンだと思ってみてくださいね。)

 

収納のないリビングダイニング

でもね、リビングダイニングに収納はありませんでした。

どのご家庭でも、リビングダイニングでの生活時間が非常に長いんです。

そして、家族みんなで使用するものなどが、集まってくる場所なんです。

置き家具で、と考えられる方が多いのですが、 家具を置くと、

どうしても、壁から出っ張ってきてしまうので、 その分部屋が狭くなります。

 

ですので、リビングダイニングから出ないで利用できる収納のご提案をしました。

IMG_4940

階段下も、有効な収納スぺースとなります。 開口部ではないところまで扉を設けているので、

扉を閉めると、階段下であるとは感じません。

ここの階段は幅員が芯々1200mmもあるので、この収納は、奥行きが広くなっています。

ですので、引き出せるタイプの棚を設ける予定です。

そうすれば、奥のものまで取り出せます。

 

でも、ここには、普段使用するものではなく、めったに使わないものを収納していただきます。

なぜなら、取り出しやすいわけではないので(;^ω^)

 

リビング・ダイニングキッチンにオススメの収納!

お施主様に、特におすすめしたのが、この収納。

キッチンから、ダイニングに抜ける通路横、階段の下に設けた、 カウンター付収納。

IMG_4962

 

この位置は、主婦にとって、一番使いやすい位置です。

主婦って、ダイニングキッチンを中心に行動することが多いですからね。

しかも、通路部分なので、前に何か置かれることがなく、 扉の開閉がしやすく、取り出しやすいんです。

 

テレビボードや、キッチンカウンター下って、 ソファやダイニングテーブルが置かれて、

扉を開けるときなどは、 体をよけたりしなければいけないんですよね。

 

カウンターには、固定電話やFAXを置くことができるように、配線もしています。

広めにとっているので、ノートパソコンやプリンタを置いたり、 今後増えてくるであろう、

携帯電話やタブレットの充電も行えるよう、想定してあります。

 

カウンター下には、引き出しを設けています。

これも、重要です。

ダイニングテーブルで、家計簿をつけたり、手紙を書いたりなど、 文房具を使う機会は多いもの。

この文房具を収納するのは、やはり、引き出しが使いやすいんです。

 

引き出しの下には、開きの扉。

ここには、外からやってくる、いろいろな書類を収納できるように考えています。

電話帳や、お子さんが幼稚園や学校からもらってくる書類などを想定しています。

A4ファイルが3段入るように、カウンター高さを1200mmで計画していたのですが、

奥様の身長があまり高くないので、100mm下げました。

 

カウンターの上部も開きの扉を設けて、収納スペースとしています。

ここに、ワイングラスなどが入っていても、使いやすいですね。

 

このように、収納するものを検討し、動線計画も踏まえながらプランを進めていくと、

片付けやすい家になってきます。

あなたのおうち、リビング・ダイニング・キッチンに、使いやすい収納はありますか?

 

ご相談ください!

消費税が値上げの前に!ということで、住宅建築のラッシュが起こっていますが、

こういうラッシュ時は、設計側も余裕がなく、 なかなか収納まで気が回らないことが多いもの。

このお施主さんのように、大きなまとまった収納を設けがちになってきます。

 

現在、設計契約をして、プランを検討している方、これから検討しようとしているかた、 諦めないでください!

弊社では、

●収納しやすいプランになっているのか?

●今お持ちの持ち物をすべて収納できるのか?

●どこをどうすれば、収納しやすく変更できるのか?

などのお悩みも、収納コンサルティングにて、ご相談に応じます。

 

開かずの段ボールや、荷物だらけの部屋が出来る間取りになってしまっては、

もったいない!

 

新居では、すっきり生活を始めたいですよね。

ぜひ、ご相談ください♪

お問い合わせはこちら