ネクタイは丸めるとしわが伸びる!?

ネクタイ一目で選べますか?

ものを収納するときに大事なこと。
それは、
一覧で見えるということ!

一覧で見えるということは、重なってないということなんです。
簡単なようで、難しいんですよね。これが。

ネクタイって、細くて長くて、収納の仕方に悩む方も多いのではないでしょうか。
昔のワードローブといわれる洋服ダンスなんかは、
扉の裏側にバーが1本ついていて、そこにかけるようになっていたりしましたね。
でも、量が多くなってくると、下の物が見えなくなってきて、
ネクタイとネクタイが重なっているため、下の物が取り出しにくいという状況になりかねません。

また、ネクタイ用のハンガーなんていうのもあるのですが、
普通のハンガーバーにかからないので、細いハンガーバーを用意する必要があります。
それをどこにつけるか、それが問題になることも多いですね。

丸める と 仕切る

お客様の普段のライフスタイルいよって収納の方法は変えるのですが、
よくご提案させていただくのが、写真にあるような丸める収納です。
昔、こうやって丸めると、ネクタイのしわが伸びると教えてもらったことがあり、
丸めて入れたらいいんじゃないかと思って思いついたのがこの収納。

最初は立てて入れることも考えたのですが、
ネクタイは太さが一定ではなく、立てると崩れる。。。
横にすると転がったり、広がったりするのではないかと懸念したのですが、
意外と落ち着いている。
ただ、引出しを開けたり閉めたりするとずれていく。

それを防止するために、中に仕切りを入れると、落ち着く。
引出しの大きさによって、パキパキと呼んでいる長さの調節できる仕切りをいれると、
あら、うまく落ち着く!
しかも、ネクタイの柄が一覧で見えるではありませんか!

さらに!引出しで柄の種類ごとに引出しを分けてしまえば、
レジメならどれくらい持っていて、ドット柄ならどれくらい、
と一目瞭然に♪

今回は、無印良品でちょうどいい仕切りのある引出しケースを見つけたので、
そちらを利用しています。

これも、お客様に大好評!
わかりやすいし、取り出しやすい!と喜んでいただきました。

IMG_7672

クローゼット全体はこんな感じ。

あなたは、欲しいネクタイをすぐ取り出せますか?

 


Tagged on: