知っておきたい衣類収納のコツ

毎日のように使用する衣類は量が増えやすいため、毎朝の着替えの際に取り出しやすい収納を目指すことが大切です。上手な衣類収納を実現させることで朝の準備を短縮して、余裕のある爽やかな朝の時間を手に入れましょう。

スペースの有効活用

クローゼットでハンガーに衣類をかけて収納する際、衣類の形で必要とするスペースに違いが出ます。ワンピースや丈が長い衣類を左側に、丈が短いジャケットなどを右側に並べると右側の下スペースに空きが出ます。その空いたスペースにさらにもう一本ポールを増やすことで、短い丈の衣類を2段に分けて収納できます。

上の段にトップスやアウターを吊るし、下の段にボトムスを吊るすことで利便性の高い収納となり、着替える際にも服を選びやすくなるでしょう。

ハンガーを変える

ハンガーを変える

収納する衣類の量に対して収納スペースが足りないという場合は、ハンガーをスリムなタイプに変えるだけでも収納力が変化する場合があります。

クリーニング店のハンガーをそのまま使用しているという方は、用途に合わせたハンガーを選ぶように意識してみましょう。

衣類の枚数が多い場合はスリムなハンガーを選び、コートやジャケットなど形を崩したくないものには肩先に幅のあるハンガーが適しています。
また、ボトムス用にはクリップ付きのハンガーなど、多彩なバリエーションの中から使い勝手が良く用途に適したアイテムを選び収納量を抑えましょう。

立てる収納

立てる収納

タンスに衣類を収納する際、綺麗に畳んでコンパクトな収納を目指すのが一般的です。しかし、ただ畳むよりもさらに効果的な収納方法の一つとして、衣類を立ててタンスにしまうという方法があります。

衣類を下から順に重ねて収納する場合と比べ収納力がアップし、収納した衣類を全体的に把握しやすくなるのです。

タンスの中にさらに小さな収納ケースを配置し仕切りをつくることで、下着やインナーなど衣類を用途ごとに分けやすくなり、衣類を立てて収納する際にも崩れにくくなります。

収納のプロとしてスキルを身につけて仕事で活かしたいとお考えなら、ぜひ当社の資格講座をご利用ください。日本では収納に関する資格として「整理収納アドバイザー」「ライフオーガナイザー」「住空間収納プランナー」があります。その中でも当社は住空間収納プランナーの育成を目指しており、資格習得後も仕事の場でスキルを活かせる人材となるようサポートしております。資格講座や資格スクールをお探しなら、ぜひ一度当社のセミナーへご参加ください。

住空間収納プランナーやライフオーガナイザーの資格講座なら

住空間収納プランナーの資格講座【サンポ建築設計事務所 一級建築士事務所】 概要

会社名 サンポ建築設計事務所 一級建築士事務所
所在地 〒573-0128 大阪府枚方市津田山手1丁目50-1-1009
電話番号 072-896-2076
メールアドレス info@sampo-ao.com
URL http://sampo-ao.com/
業務内容 住宅設計・監理、 店舗設計・監理、 マンション設計・監理、 リフォーム設計・監理、 各種申請業務、 収納コンサルティング、 収納アシスト、 収納セミナー、 住空間収納プランナー養成講座
説明 サンポ建築設計事務所では、住空間収納プランナーの育成を目指す資格講座やセミナー・講演会を行っています。兵庫、大阪、奈良、京都などで活動を行っております。資格取得後には当事務所が運営する『なにわ収納くらぶ.com』が起業や独立などお仕事のサポートをいたします。収納コンサルティングに関する依頼や料金に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。
LINEで送る
[`evernote` not found]